販売業者を探そう!ピッタリのコンテナを見つける方法|Individual Rent
HOME>注目記事>販売業者を探そう!ピッタリのコンテナを見つける方法

必要書類を確認しよう

コンテナは、色々な用途がありとても便利です。レンタルのように期間を設けず、ずっと利用したいというのであれば購入することをおすすめします。コンテナを購入するときには必要となる書類があるので、事前に確認しておきましょう。ここでは、法人契約の際に一般的に必要となる書類を紹介します。

法人契約のコンテナ購入の際に必要となる書類

  • 3か月以内の登記簿謄本
  • 会社の実印
  • 初期費用(契約事務手数料など)
  • 金融機関へのお届け印
男性作業員

倉庫やイベントに防災

コンテナには倉庫として利用したり、店舗やイベントに防災だったりと様々な活用方法があります。頑丈で移動することもできるので非常に便利なのです。そしてコンテナを活用するなら、専門のサービスを利用することです。専門のサービスでは、中古や新品の販売からレンタルまで手掛けていて、お客様の用途に合わせて様々な種類の商品を用意しています。ドライスチールから冷凍冷蔵用などの一般的なコンテナから、ドアやシャッターをつけたり加工したりすることも可能です。また使っていない土地があれば、レンタルボックスや物置として活用することもできます。コンテナ販売サービスは全国に拠点があり、コンテナを展示しているので現物を確認することができます。また興味のある方にパンフレットを配布しています。

現場を確認してから設置

コンテナ販売サービスではお客様から電話やメールで依頼を受けたら、まずスタッフが現場を訪問して広さや地質や屋内なら高さなどを確認していきます。またどのような進路で運搬するのか、工事が必要なのか、重機が入ることができるのかなどお客様と話し合っていきます。そして具体的な方法が決まったら、トラックやトレーラーでコンテナを搬入し、熟練の作業員が慎重に設置していきます。そしてお客様にコンテナの設置状況を見てもらって終わりとなります。コンテナ販売サービスではいつでも見積もりをホームページから受付しています。

広告募集中